宮津市の特色

最終更新日:2021/03/30

特別名勝日本三景「天橋立」を臨む
海・里・ 山の資源に恵まれた北近畿最大の観光都市

市の概要

京都府の北西部に位置し、日本遺産認定となった「北前船」の寄港地として、また、細川家ゆかりの宮津城の城下町として栄え、特別名勝「天橋立」を擁する宮津。
市のビジョンに「観光を基軸とした産業振興」を掲げ、農産物・水産物などの農かな地域資源を最大限に活用し、 地域経済力を高めるための「自立循環型経済社会構造への転換」を進めるとともに、地域資源を活用した企業誘致を推進しています。

面積(km2) 172.74
人口(人) 17,384
製造品出荷額等(万円) 984,864
主要産業 宿泊、食料品、福祉サービス、金属製品、繊維製品
主な教育機関等 (高等学校数)3
主な名産 ・ 特産品 智恵の餅、世屋みそ、徳利いか、オイルサーディン、とり貝、天橋立ワイン、地酒、安寿みかん、丹後コシヒカリ、山の芋、お酢、オリーブ、乾燥なまこ
主な名所 ・ 旧跡 天橋立、汐汲浜、傘松公園、成相寺、智恩寺、カトリック宮津協会、旧三上家住宅、金引の滝、大江山、籠神社

主な立地企業

日本冶金工業、関西電力、大和リゾート、グンゼ、ハーベスト

優遇制度

条例・要綱・制度名 措置 対象地域及び
対象者
対象要件 内容
宮津市企業立地拡充促進条例 立地促進奨励金 次の施設を新設又は雇用の拡大を伴う増設、移設、若しくは建替えする者
〇施設(市長認定)
・製造業
・情報関連産業
・自然科学研究所
・余暇利用施設
〇投下固定資産総額
・2,500万円以上
〇正規従業員を新たに3人以上雇用(雇用水準を引き続き維持)
〇補助率
・投下固定資産総額の10分の1
〇補助額
・3,000万円以内
雇用促進奨励金 〇適用期間 3年度
〇新規地元雇用
・正規 40万円/人
・非正規 10万円/人
過疎地域自立促進特別措置法における固定資産税の特例に関する条例 固定資産税の課税免除 次の施設を新設又は増設する者
〇施設
・製造業
・農林水産物等販売業
・旅館業(下宿営業を除く。)
〇租税特別措置法による「特別償却」を受けられる資産
〇上記資産の取得価格
・2,700万円超
〇適用期間 3年度
半島振興法における固定資産税の特例に関する条例 固定資産税の不均一課税 次の施設・設備を新設又は増設する者
〇施設・設備
・製造業
・情報サービス業等
・農林水産物等販売業
・旅館業 (下宿営業を除く。)
〇租税特別措置法による「特別償却」を受けられる資産
〇上記資産の取得価格
・500万円以上、1,000万円以上、2,000万円以上(資本金額により異なる。ただし、情報サービス業等、農林水産物等販売業は資本金額によらず500万円以上)
〇適用期間 3年度
〇適用税率
・1年度目 0.14%
・2年度目 0.35%
・3年度目 0.70%
宮津市新産業等創出奨励事業費補助金交付要綱 補助金交付 市内に住所又は主たる事業所を有する個人又は法人等 〇事業化のための調査・研究等を実施すること(新技術開発、新分野進出等のため)
〇新規性、経済性、先導性、実現性を満たすもの
〇補助率
・補助対象経費の3分の1以内
〇補助額
・50万円を超え500万円以内

連絡先

宮津市(担当:商工観光課 TEL:0772-45-1663)

各エリアの特色と市町村の紹介に戻る