京丹後市の特色

最終更新日:2021/03/30

ともに働き、ともに成長
企業・地域・環境が一体となった新たな立地スタイル

市の概要

高規格道路網の整備や京都舞鶴港の機能拡充が進む中、北近畿はまさに今「新時代」を迎えようとしています。
その北近畿にあって、「ひと みず みどり 市民総参加で飛躍するまち」を将来像に掲げる京丹後市には、豊かな自然環境を最大限に活用した農林水産業、「丹後ちりめん」をはじめ日本一の生産量を誇る絹織物業、日本最古級の製鉄コンビナート(跡)の時代からその資質と精度を高めてきた機械金属加工業が基幹産業として集積しています。
平成25年度には「京丹後市商工業総合振興条例」を制定し企業立地支援制度を創設しました。企業の皆様に、ともに歩み、まちづくりを進めるパートナーとなっていただけるよう、「日本のものづくりのふるさと」京丹後市への立地を心よりお待ちしています。

面栖(km2) 501.43
人口(人) 52,554
製造品出荷額等(万円) 6,602,417
主要産業 電気機器、 生産用機械、 輸送用機械、 金属製品、 繊維、 衣服、 食料品、 木材
主な教育機関等 公立高等学校3校、 京都工芸繊維大学京丹後キャンパス、 丹後地域職業訓練センター
主な名産・特産品 丹後ちりめん、 丹後産コシヒカリ、 問人ガニ、 カキ、 メロン、 梨、 みず菜、 イカ、 サワラ
主な名所・旧跡 金刀比羅神社、 縁城寺、 天女の里、 小町公園、 大内峠、 内山ブナ林、 琴引浜、 静神社、 離湖、 経ヶ岬灯台、
立岩、 碇高原、 丹後半島森林公園スイス村、 細川ガラシャ隠棲地、 小天橋、 かぶと山、 大田南5号墳、 丹後王国「食のみやこ」

主な立地企業

日進製作所、 エクセル電子、 ウィック、 共栄工業、 紫野和久傅、 京都プラス精機、 日昌製作所、 ヤマモト、
大宮日進、 京丹TSK、 韋城製作所、 増錬工業、 丹後ハイテック、 中江鉄工所、 渋谷製作所、 下谷鉄工所、
相政、 川戸プラスチック、 パナソニックフオト ・ ライティング久美浜、 真田、 日本インパクト

主な工業用地

森本工業団地
赤坂工業団地、 清水工業団地、 大山工業団地、 永留工業団地、 谷工業団地

優遇制度

条例・要綱・制度名 措置 対象地域及び
対象者
対象要件 内容
企業立地支援事業(要綱) 助成金の交付 A 情報関連産業
B 製造業
C 製造業類似事業
D 道路貨物運送業
E 倉庫業及び運輸に附帯するサービス業
F 自然科学研究所
次のすべての要件を満たすもの
〇投下固定資産額要件
・A:300万円以上
・Bのうち地域農林水産資源を活用するもの及びCのうち農業に属する事業:500万円以上
・上記以外:1,000万円以上
〇雇用者要件
市民の正規雇用者3人以上(中小企業者は同2人以上)の増加
〇事前に事業所の指定を受けていること
〇助成額:
増加した市民の正規雇用者数×100万円(ただし、助成対象経費の範囲内)
〇対象経費:
用地取得費、電気料、借入金支払利息、人件費等
〇限度額:
5億円(500人相当分)
奨励金の交付 同上 〇奨励金交付額:
固定資産税賦課相当額
〇交付期間:
操業開始後初回課税年度から5年間
〇限度額:70億円
奨励品の交付 助成金の交付対象要件を満たすもののうち、投下固定資産額3億円超かつ市民正規雇用者増加数10人以上のもの 〇営業用自動車1台の交付
(上限:200万円相当)
企業立地支援専門家派遣事業(要綱) 専門家の派遣 企業立地支援事業の対象となるもののうち、市内に初めて事業所を設置しようとする者 正規雇用者10人以上(市民5人以上を含む)の新たな雇用 〇派遣専門家:
中小企業診断士、社会保険労務士、弁理士、行政書士
〇限度額
50万円(1人当たり20万円)
地域総合整備資金貸付金(要綱) 無利子融資 地域振興民間能力活用事業計画による民間事業者 〇市内において1人以上の新規雇用
〇貸付対象費用の総額(用地費除く)が1,000万円以上
〇用地取得等契約後5年以内に営業開始
〇貸付限度額:10.5億円(対象費用の35%以内)
〇貸付利率:無利子
〇返済期間:15年以内(5年以内の措置期間を含む)

 

連絡先

京丹後市(担当:商工振興課 TEL:0772-69-0440)

各エリアの特色と市町村の紹介に戻る