城陽市の特色

最終更新日:2021/03/30

南部エリアの中心的ロケーションは京都市内への物流集散地として好適

市の概要

城陽市は京都府の南部地域で、大阪・京都・奈良の中間に位置し、周辺では交通網の整備が進んでおり、平成29年4月には新名神高速道路「城陽一八幡京田辺」が開通し、令和5年度には全線供用開始が予定されるなど、ますますの利便性向上が期待されています。新名神高速道路城陽ジャンクション・インターチェンジに隣接するサンフォルテ城陽では事業所や店舗の多くが操業開始し、国道307号の沿道に位置する京都山城白坂テクノパークにおいては企業立地が進んでいます。さらに、新名神高速道路の整備に併せた東部丘陵地整備事業やスマートインターチェンジ設置事業、国道24号城陽井手木津川バイパス事業なども進行しています。また、公共交通機関にも恵まれており、JR奈良線と近鉄京都線が並行して市内をほぽ南北に走っています。加えて、穏やかな気候、豊かな緑、そして京都水盆といわれる豊富な地下水など、自然環境にも恵まれています。

面積(km2) 32.71
人口(人) 75,146
製造品出荷額等(万円) 7,879,423
主要産業 情報通信、食料品、一般機械
主な教育機関等 (高等学校数) 2
主な名産 ・ 特産品 てん茶、梅、イチジク、花しょうぶ、カキツバタ、カラー、ハナハス、燦彩糸(金銀糸)
主な名所 ・ 旧跡 青谷梅林、 鴻ノ巣山、 鴨谷の滝、 芝ヶ原古墳、 車塚・丸塚古墳、 森山遺跡、正道官衙遺跡、 久世廃寺跡、水度神社、 久世神社、 荒見神社、 極楽寺、 阿弥陀寺、 文化パルク城陽、 城隔市総合運動公園レクリエーションゾーン(LOGOS LAND)・スポーツゾーン、京都サンガF.C.練習場、 木津川桜づつみ、 城陽五里五里の丘

主な立地企業

日本郵便、星和電機、黒川ダイドウ、ミズホ、山岡製作所、富士高分子、ダイセーエブリーニ十四、応用電機、サントリープロダクツ、日本郵便輸送、日本郵便メンテナンス

優遇制度

 

条例・要綱・制度名 措置 対象地域及び
対象者
対象要件 内容
城陽市企業立地促進条例 事業場等設置助成金 市内の都市計画法上の工業地域、工業専用地域、工業地域及び市長が指定する地域内に事業場等を移転、新・増設する企業

※令和4年3月31日までに指定申請して助成対象企業の指定を受けた企業の内、指定を受けた日の属する年度から4年度以内に事業場等の操業を開始する企業

〇情報関連産業・自然科学研究所の本店及び事業場、製造業に係る本店:
→敷地面積500㎡以上又は投下固定資産額等5,000万円以上かつ地元新規雇用者数1人以上
〇製造業に係る事業場及びその他の産業で、市長が特に認める産業の本店及び事業場:
→敷地面積500㎡以上かつ投下固定資産額等1億円以上又は地元新規雇用者数1人以上
〇投下固定資産額等(土地取得を除く)の100分の10以内の額

〇限度額3,000万円

(※情報関連産業、自然科学研究所及び製造業に係る事業場等以外は1,000万円)

操業支援助成金 〇固定資産税相当額(土地分除く)に次の率を乗じて得た額:

(第1年度)100分の75

(第2年度)100分の50

(第3年度)100分の25

〇3年間の交付額の上限:5,000万円

 

雇用創出助成金 〇1年以上継続して新たに雇用した城陽市在住従業員数に30万円を乗じて得た額

〇4年間の交付合計額の上限:

3,000万円

〇交付期間:操業開始日の属する年度の翌年度から4年間

 

連絡先

城陽市(担当:商工観光課 TEL:0774-56-4018)

各エリアの特色と市町村の紹介に戻る